So-net無料ブログ作成
検索選択

確実に覚えるべき高校入試国語 漢字基礎知識① [高校入試国語]




スポンサードリンク








漢字の知識

六書

(1) 象形文字・・・形のあるものを、その形に象って示したもの。 例 山 目 馬

(2) 指事文字・・・形のない事柄を、点や線を用いて指し示したもの。 例 一 上 下

(3) 会意文字・・・象形・指事の文字を合成して、新しい意味を表すようにしたもの。

例   男→「田」+「力」

(4) 形成文字・・・2つの文字を組み合わせたもので、一方は形(意味)、一方は声(発音)を表すもの。

例   江→「サンズイ」が水に関係する意味を表し、「工」が音、「コウ」を表す。

(5) 転注・・・元の意味から新しい意味に発展させて使ったもの。

例   楽→音楽(元の意味)→音楽はたのしい→楽しい。

(6) 仮借・・・元の意味とは関係なく、音だけを借りて表したもの。

例   巴里 亜米利加 世話。


音と訓


音(音読み)・・・中国での発音を元にした読み方

訓(訓読み)・・・漢字の意味に合った日本の言葉を当てはめた読み方。

音と訓の見分け方・・・発音から意味がつかみにくい読み方が音、意味がわかる読み方が訓。


部首


(1) へん・・・漢字の左をつくっている部分。

(2) つくり・・・漢字の右をつくっている部分。

(3) かんむり・・・漢字の上をつくっている部分。

(4) あし・・・漢字の下をつくっている部分。

(5) にょう・・・漢字の左から下へめぐっている部分。

(6) たれ・・・漢字の上から左下へたれている部分。

(7) かまえ・・・漢字の周りを囲んでいる部分。


筆順


(1) 原則一・・・上から下へ。

(2) 原則二・・・左から右へ

(3) 原則三・・・縦画よりも横画が先

(4) 原則四・・・左右よりも中が先。

(5) 原則五・・・中よりも外側が先。

(6) 原則六・・・右払いよりも左払いが先。

(7) 原則七・・・つらぬく縦画は最後。

(8) 原則八・・・つらぬく横画は最後。

(9) 原則九・・・横画と左払いでは、短いほうが先。
次回は「熟語」です。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。