So-net無料ブログ作成

確実に覚えるべき高校入試国語  言葉 [高校入試国語]




スポンサードリンク








語句の意味


多義語

文脈から考えて意味をとらえる。

(1) しのぐ

  危険をしのぐ・・・乗り越える。

  相手をしのぐ・・・まさる。

  寒さをしのぐ・・・我慢する。

  雨をしのぐ・・・ 防ぐ。


(2) 重い

   この荷物は重い・・・重量が多い。

   重い役目につく・・・大切。

   病気が重い・・・  ひどい。

   心が重い・・・   うっとうしい。


慣用句

(1) あごをはずす。・・・大いに笑う。

(2) 腕によりをかける・・・大いにはりきる。

(3) 肩で風を切る・・・威張って歩く。

(4) 口がすべる・・・余計なことを言う。

(5) 舌を巻く・・・非常に驚く。

(6) 腰が低い・・・人にへりくだる。

(7) 手に余る・・・自力では処理できない。

(8) 手を出す・・・関係する。

(9) 歯が立たない・・・対抗できない。

(10) 足元を見る・・・人の弱みにつけこむこと。

(11) 顔が広い・・・多くの人を知っている。

(12) 口が堅い・・・秘密などをしゃべらない。

(13) 口を切る・・・最初に発言をする。

(14) 口を割る・・・白状する。

(15) 首を長くする・・・待ち焦がれる。

(16) 手がかかる・・・世話がやける。

(17) 手を切る・・・関係をたつ。

(18) 手を尽くす・・・できるだけのことをする。

(19) 猫をかぶる・・・おとなしく見せかける。

(20) 鼻が高い・・・得意になる。

(21) 腹を割る・・・包み隠さず打ち明ける。

(22) 尾ひれをつける・・・大げさに言う。

(23) しのぎをけずる・・激しく争う。

(24) 地に落ちる・・・おとろえ、すたれる。

(25) やぶから棒・・・だしぬけに物事をする。

(26) 目がない・・・とても好きだ。

(27) けがの功名・・・失敗が良い結果になる。

(28) そりが合わない・・・気が合わない。

(29) 二の足を踏む・・・しりごみする。

(30) 山が見える・・・先の見通しがつく。


故事成語

(1) 圧巻・・・様々なものの中で、最も優れていること。

(2) 漁夫の利・・・両者が争っているすきに、第三者が利益を横取りすること。

(3) 蛍雪の功・・・苦労して学問をしたかいがあって、成果を達成できること。

(4) 五十歩百歩・・・差はあるけれども、本質的な違いはないということ。

(5) 他山の石・・・どんなことでも、自分をみがくこともとになるということ。

(6) 蛇足・・・あっても益にならない、余計なもの。

(7) 矛盾・・・つじつまの合わないこと。



ことわざ


(1) 雨降って地固まる・・・ごたごたのあったあとは、かえってものごとがよく治まる。

(2) 石の上にも三年・・・どんなことでも辛抱強くやれば成功するということ。

(3) 馬の耳に念仏・・・わからない者にありがたい教えを聞かせても無駄なこと。

(4) 枯れ木も山のにぎわい・・・つまらないものでもないよりはましだということ。

(5) 窮鼠猫をかむ・・・弱いものでも必死に抵抗すれば強者を苦しめる。

(6) 白羽の矢を立てる・・・多くの中から特に見込んで選び出す。

(7) 飛んで火に入る夏の虫・・・自分からすき好んで危険なところに飛び込むこと。

漢字の知識  熟語  書き取り・読み取り



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました