So-net無料ブログ作成

確実に覚えるべき高校入試国語 文法基礎知識② [高校入試国語]




スポンサードリンク








単語の種類


自立語と付属語・・・文節の作り方から見た分類。

(1) 自立語・・・単独で文節を作ることができる単語。

例  美しい が たくさん 咲きます。


(2) 付属語・・・単独で文節を作ることができず、常に自立語に付いて文節構成に加わる単語。

例  美しい 花 たくさん 咲きます



活用する語としない語・・・語形の変化を「活用」という。


(1) 活用する語  

例  美しい・・・美しかろウ  美しかっタ  美しナイ  美しけれバ  

    咲く・・・咲ナイ  咲マス  咲バ  咲

    ます・・・咲きましタ  咲きましょウ  咲きますれバ  咲きませ


(2) 活用しない語

例  花 が たくさん



品詞分類・・・十品詞を確認。

単語は、自立語か付属語か、活用するかしないかによって、四種に分類され、さらに、このほかの文法上の性質をもとに、十のグループに細分される。

このように分けられたグループを品詞という。


(1) 動詞・・・自立語で活用があり、ウ段の音で言い切る。述語になる。(用言)

(2) 形容詞・・・自立語で活用があり、「い」で言い切る。述語になる。(用言)

(3) 形容動詞・・・自立語で活用があり、「だ」で言い切る。述語のなる(用言)

(4) 名詞・・・自立語で活用がなく、物事の名称を表す。主語になる。(体言)

(5) 副詞・・・自立語で活用がなく、おもに用言を修飾する。(修飾語)

(6) 連体詞・・・自立語で活用がなく、おもに体言を修飾する。(修飾語)

(7) 接続詞・・・接続語になる。

(8) 感動詞・・・独立語になる。

(9) 助動詞・・・付属語で活用がある。

(10) 助詞・・・付属語で活用がない。

漢字の知識  熟語  書き取り・読み取り  言葉  文の組み立て



スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 数学 [高校入試数学]




スポンサードリンク








数学1.gif

数学2.gif

数学3.gif

数学4.gif

数学5.gif

数学答.gif




スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 理科 [高校入試理科]




スポンサードリンク








理科1.gif

理科2.gif

理科3.gif

理科4.gif

理科5.gif

理科6.gif

理科7.gif

理科8.gif

理科9.gif

理科10.gif

理科11.gif

理科12.gif

理科答.gif




スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 社会 [高校入試社会]




スポンサードリンク








社会1.gif

社会2.gif

社会3.gif

社会4.gif

社会5.gif

社会6.gif

社会7.gif

社会8.gif

社会9.gif

社会10.gif

社会11.gif

社会12.gif

社会答.gif




スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 国語 [高校入試国語]




スポンサードリンク








国語1.gif

国語2.gif

国語3.gif

国語4.gif

国語5.gif

国語6.gif

国語7.gif

国語8.gif

国語9.gif

国語10.gif

国語答.gif




スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 英語 [高校入試英語]




スポンサードリンク








英語1.gif

英語2.gif

英語3.gif

英語4.gif

英語5.gif

英語6.gif

英語7.gif

英語8.gif

英語9.gif

英語10.gif

英語11.gif

英語12.gif

英語13.gif

英語答.gif




スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 助動詞 [高校入試英語]




スポンサードリンク








助動詞


can と be able to

(1) can (~できる)、could (~できた)

I can play the guitar . (私はギターを弾ける。)

He could sing a song . (彼は上手に歌が歌えた。)

(2) will be able to (~できるだろう)

You will be able to swim . (あなたは泳げるようになるだろう。)

can の用法・・・can は「~できる」の意味。

(a) 否定文・・・「cannot動詞の原形」  疑問文・・・「Can +主語+動詞の原形~?


(b) can (現在形)  could(過去形)  will be able to (未来形) 



may must have to

(1) may (~してよい、~かもしれない)

May I read this book ? (この本を読んでいいですか。)

Yes, you may. (はい、読んでいいです。)/ No, you may not. (いいえ、読んではいけません。)


She may come here after school. (彼女は放課後ここに来るかもしれない。)


(2) must (~しなければならない、~にちがいない)

Must I go now ? (今、私は行かなければなりませんか。)

Yes, you must. (はい、行かなければなりません。)/ No, you don`t have to . (いいえ、その必要はありません。)


You must be angry. (あなたは、怒っているにちがいない。)


(3) had to, will have to

I had to wait for the trian. (私はその電車を待っていなければならない。)

You will have to help your mother. (あなたは、母の手伝いをしなければならいであろう。)


may must have to の用法

(a) may・・・「~してよい」(許可) 「~かもしれない」(推量)

must・・・「~しなければならない(=have to)」(必要・義務) 「~に違いない」(推定)


(b) 疑問文とその答え方に注意。 don`t have to ~する必要はない

May I ~? {答} Yes, you may. / No, you may not.

Must I ~ ? {答} Yes, you must. / No, you don`t have to.(または、need not


(c) must の過去形・未来形にはhave to を用いる。

must(現在形)  had to(過去形)  will have to(未来形)


ポイント

have to の否定形の don`t have to は「~する必要はない」と必要・義務を表す。 禁止を表す must not (~してはいけない)との違いに気をつけよう。


should

□ should (~すべきだ)

You should study English. (あなたは英語を勉強するべきだ。)

shouldの用法

shouldは「~すべきだ」(義務・当然)の意味。

英作文  文型  会話と問答  現在・過去・進行形  未来形



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試国語 文法基礎知識① [高校入試国語]




スポンサードリンク








文の組み立て

言葉の単位・・・文と文節と単語

(1) ・・・一つのまとまった意味をもたせて言い切るひと続きの言葉で、書くときには、その終わりに句点(。)をつける。

(2) 文節・・・「文」を、意味や発音のうえから、自然さを失わずにできる限り短く区切ったひとくぎりをいう。

例  美しい 花が たくさん 咲きます。 <四つの文節>

(3) 単語・・・「文」を、文節よりもさらに細かく分けて、意味を持つ最小の単位、または、「文」を組み立てる役目を果たす最小の単位にまで区切った場合の、それぞれの単位をいう。

例  美しい 花 が たくさん 咲き ます。<六つの単語>


文の成分・・・「文」を直接に組み立てている部分。

(1) 主語(主部)・述語(述部)・・・「文」は、基本的に三つに分けられる。

 (a) 何が、どうする・・・花が、咲く。

 (b) 何が、どんなだ・・・色が、美しい。

 (c) 何が、何だ・・・君が、犯人だ。


文の主題となる「何が」にあたる部分を、主語(主部)といい、この主語(主部)の動作・状態・性質などを述べる「どうする」 「どんなだ」 「何だ」にあたる部分を、述語(述部)という。

注 2つ以上の文節(連文節)から成る文の各成分を、主部、述部と呼ぶ。

(2) 修飾語(修飾部)・・・述語(述部)をくわしく説明する部分をいう。

例  花が、たくさん 咲く。

(3) 接続語(接続部)・・・「何々だが」 「何々だから」 「何々だと」のように、条件や理由などを示して述語(述部)へかかっていく部分をいう。

例  あやまったが、父は 許さなかった。

(4) 独立語(独立部)・・・他の成分と直接の関係をもたない部分をいう。

例  まあ、花が咲いた。 <感動・呼びかけ・応答を表す語>

    忍耐、これが大切だ。 <提示語>


文節相互の関係・・・対応する文節どうしの関係。

(1) 主語述語の関係

例  花が咲く

(2) 修飾被修飾の関係・・・修飾語によって修飾される文節を、被修飾語という。

例  美しい 花が たくさん 咲く

(3) 接続の関係・・・接続語とそれがかかる文節との関係をいう。

例  あやまったが、父は 許さなかった

(4) 並列(対等)の関係・・・対等に並ぶ文節どうしの関係をいう。

例  野にも 山にも 春が きた。

(5) 補助の関係・・・下の文節がすぐ上の文節に補助的な意味をそえる関係をいう。

例  花が 咲いて いる

漢字の知識  熟語  書き取り・読み取り  言葉



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 未来形 [高校入試英語]




スポンサードリンク








未来形


未来の表し方

(1) 単純未来(~だろう)

I will be busy tomorrow . (私は明日は忙しいだろう。)

(2) 意志未来(~するつもりだ)

I will go there . (私はそこに行くつもりだ。)

(3) 未来の否定文・疑問文

Will you be busy tomorrow? No, I won`t . (あなたは、明日忙しいですか。 いいえ、忙しくないでしょう。)


未来の表し方はこのように  will動詞の原形単純未来「~だろう」 意志未来「~するつもりだ」「~しよう」
となる。

否定文は「wii not動詞の原形」、疑問文はwill を主語の前に出す。


be going to


(1) am (are , is) going to

I am going to go to the school . (私は学校に行くつもりだ。) {意志}

She is going to get off the bus .(彼女はバスを降りようとしている。) {近い未来}

(2) be going to の否定文・疑問文

Are you going to have a test tomorrow ? No, we are not . (あなたたちは明日テストがありますか。  いいえ、ないでしょう。)

be going to の意味と使い方

(a) 「am (are is) going to+動詞の原形」は「~するだろう」 「~するつもりだ」 「~しようとしている」の意味

(b) 否定文は「am(are is) not going to ~」、 疑問文は「Am(Are Is)+主語+going to ~?

ポイント 書き換え問題に注意しよう!!

「will not + 動詞の原形」⇔「be going to + 動詞の原形」

「Will +主語+動詞の原形~?」⇔「Be動詞+主語+going to ~?」


Will you ~ ? ; Shall we ~ ?

(1) Will you ~?

Will you open the door ? (ドアを開けてくれませんか。) {依頼}

Will you come with us ? (私たちと一緒に来ませんか。) {誘い}

(2) Shall I(we) ~?

Shall I help you ? Yes, please. (手伝いましょうか。 はい、お願いします。) {相手の意向}

Shall we eat dinner ? Yes, let`s. (夕食を食べましょうか。はい、食べましょう。) {さそい}


上記の疑問文は注意すべき未来の疑問文であり重要です。

(a) Will you ~ ?

「~してくれませんか」{依頼} (答) Yes, I will . / All right. / No, I won`t .

「~しませんか」{さそい} (答) Yes, thank you . / No, thank you .

(b) Shall I ~ ?

「~しましょうか」{相手の意向} (答) Yes, please . / No , thank you .

(c) Shall we ~?

「~しましょうか」{さそい} (答) Yes, let`s . / No, let`s not .

英作文  文型  会話と問答  現在・過去・進行形



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試国語  言葉 [高校入試国語]




スポンサードリンク








語句の意味


多義語

文脈から考えて意味をとらえる。

(1) しのぐ

  危険をしのぐ・・・乗り越える。

  相手をしのぐ・・・まさる。

  寒さをしのぐ・・・我慢する。

  雨をしのぐ・・・ 防ぐ。


(2) 重い

   この荷物は重い・・・重量が多い。

   重い役目につく・・・大切。

   病気が重い・・・  ひどい。

   心が重い・・・   うっとうしい。


慣用句

(1) あごをはずす。・・・大いに笑う。

(2) 腕によりをかける・・・大いにはりきる。

(3) 肩で風を切る・・・威張って歩く。

(4) 口がすべる・・・余計なことを言う。

(5) 舌を巻く・・・非常に驚く。

(6) 腰が低い・・・人にへりくだる。

(7) 手に余る・・・自力では処理できない。

(8) 手を出す・・・関係する。

(9) 歯が立たない・・・対抗できない。

(10) 足元を見る・・・人の弱みにつけこむこと。

(11) 顔が広い・・・多くの人を知っている。

(12) 口が堅い・・・秘密などをしゃべらない。

(13) 口を切る・・・最初に発言をする。

(14) 口を割る・・・白状する。

(15) 首を長くする・・・待ち焦がれる。

(16) 手がかかる・・・世話がやける。

(17) 手を切る・・・関係をたつ。

(18) 手を尽くす・・・できるだけのことをする。

(19) 猫をかぶる・・・おとなしく見せかける。

(20) 鼻が高い・・・得意になる。

(21) 腹を割る・・・包み隠さず打ち明ける。

(22) 尾ひれをつける・・・大げさに言う。

(23) しのぎをけずる・・激しく争う。

(24) 地に落ちる・・・おとろえ、すたれる。

(25) やぶから棒・・・だしぬけに物事をする。

(26) 目がない・・・とても好きだ。

(27) けがの功名・・・失敗が良い結果になる。

(28) そりが合わない・・・気が合わない。

(29) 二の足を踏む・・・しりごみする。

(30) 山が見える・・・先の見通しがつく。


故事成語

(1) 圧巻・・・様々なものの中で、最も優れていること。

(2) 漁夫の利・・・両者が争っているすきに、第三者が利益を横取りすること。

(3) 蛍雪の功・・・苦労して学問をしたかいがあって、成果を達成できること。

(4) 五十歩百歩・・・差はあるけれども、本質的な違いはないということ。

(5) 他山の石・・・どんなことでも、自分をみがくこともとになるということ。

(6) 蛇足・・・あっても益にならない、余計なもの。

(7) 矛盾・・・つじつまの合わないこと。



ことわざ


(1) 雨降って地固まる・・・ごたごたのあったあとは、かえってものごとがよく治まる。

(2) 石の上にも三年・・・どんなことでも辛抱強くやれば成功するということ。

(3) 馬の耳に念仏・・・わからない者にありがたい教えを聞かせても無駄なこと。

(4) 枯れ木も山のにぎわい・・・つまらないものでもないよりはましだということ。

(5) 窮鼠猫をかむ・・・弱いものでも必死に抵抗すれば強者を苦しめる。

(6) 白羽の矢を立てる・・・多くの中から特に見込んで選び出す。

(7) 飛んで火に入る夏の虫・・・自分からすき好んで危険なところに飛び込むこと。

漢字の知識  熟語  書き取り・読み取り



スポンサードリンク








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。