So-net無料ブログ作成
検索選択
高校入試英語 ブログトップ

確実に覚えるべき高校入試英語 名詞・冠詞 [高校入試英語]




スポンサードリンク








名詞・冠詞


複数形

(1) 単数形と複数形

 I saw a child here . (私はここで子どもを見た。)

 I saw two children here . (私はここで二人の子どもたちを見た。)


名詞の複数形・・・数えられる名詞が二人(個)以上の時は複数形にする。


(a) 規則変化・・・大部分の語は語尾に -s を付ける。
           
           語尾が -s, -ss, -ch, -sh, -x, -o で終わる語は -es を付ける。

           語尾が「子音字+ y 」である語は yを i にかえて、 -es を付ける。

           例  city→cities lily→lilies

           語尾が -f, -fe で終わる語は、 f, fe, を v にかえて -es を付ける。

           例  leaf→leaves knife→knives

(b) 不規則変化・・・man→men(母音変化)、ox→oxen(語尾に -en を付ける。) sheep→sheep(単複同形)など


a(an) , the +名詞


(1) a(an)の注意すべき用法

We eat three meals a day. (私たちは一日に三回食事をします。) {~につき}


A horse is a useful animal. (は役に立つ動物です。) {~というもの}


(2) theの注意すべき用法

The sun is larger than the earth. (太陽地球より大きい。) {the+唯一のもの}

The Thames flows through London.  (テムズ川はロンドンを貫流する。) {the+河川名}


(3) such a ~

I have never seen such a big fish.  (私はそんなに大きな魚を見たことがない。)


a(an) , theの用法・・・いずれも名詞の前に付ける。


(a) a(an)が「~につき」「~というもの」の意味を表す場合。


(b) 「the+唯一のもの」「the+河川・海洋名」 the Pacific (太平洋)


(c) 形容詞のあとにつく場合。



注意すべき名詞の用法


(1) 集合名詞・抽象名詞・物質名詞


My family are all well. (私の家族はみんな元気だ。)


We like music. (私たちは音楽が好きだ。)


Cheese is made from milk. (チーズミルクからつくられる。)


(2) 物質名詞の数え方


Give me a cup of tea. (私にお茶を一杯ください。)


You have two pieces of chalk in your hand. (あなたは手に二本のチョークをもっている。)


ポイント

a cup of ~ (カップ一杯の~) a glass of ~(コップ一杯の~) a piece of ~(一片の~) a sheet of ~(一枚の~)


名詞の用法・・・名詞には次の種類がある。

普通名詞・・・ book, desk, bag, car など。

集合名詞・・・ family, class, people など。

固有名詞・・・ Tom, Mike, Japan など。

抽象名詞・・・ art(芸術)、 happiness(幸福)など。
英作文  文型  会話と問答  現在・過去・進行形  未来形  助動詞



スポンサードリンク








2016年 都立高校入試問題・正答 英語 [高校入試英語]




スポンサードリンク








英語1.gif

英語2.gif

英語3.gif

英語4.gif

英語5.gif

英語6.gif

英語7.gif

英語8.gif

英語9.gif

英語10.gif

英語11.gif

英語12.gif

英語13.gif

英語答.gif




スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 助動詞 [高校入試英語]




スポンサードリンク








助動詞


can と be able to

(1) can (~できる)、could (~できた)

I can play the guitar . (私はギターを弾ける。)

He could sing a song . (彼は上手に歌が歌えた。)

(2) will be able to (~できるだろう)

You will be able to swim . (あなたは泳げるようになるだろう。)

can の用法・・・can は「~できる」の意味。

(a) 否定文・・・「cannot動詞の原形」  疑問文・・・「Can +主語+動詞の原形~?


(b) can (現在形)  could(過去形)  will be able to (未来形) 



may must have to

(1) may (~してよい、~かもしれない)

May I read this book ? (この本を読んでいいですか。)

Yes, you may. (はい、読んでいいです。)/ No, you may not. (いいえ、読んではいけません。)


She may come here after school. (彼女は放課後ここに来るかもしれない。)


(2) must (~しなければならない、~にちがいない)

Must I go now ? (今、私は行かなければなりませんか。)

Yes, you must. (はい、行かなければなりません。)/ No, you don`t have to . (いいえ、その必要はありません。)


You must be angry. (あなたは、怒っているにちがいない。)


(3) had to, will have to

I had to wait for the trian. (私はその電車を待っていなければならない。)

You will have to help your mother. (あなたは、母の手伝いをしなければならいであろう。)


may must have to の用法

(a) may・・・「~してよい」(許可) 「~かもしれない」(推量)

must・・・「~しなければならない(=have to)」(必要・義務) 「~に違いない」(推定)


(b) 疑問文とその答え方に注意。 don`t have to ~する必要はない

May I ~? {答} Yes, you may. / No, you may not.

Must I ~ ? {答} Yes, you must. / No, you don`t have to.(または、need not


(c) must の過去形・未来形にはhave to を用いる。

must(現在形)  had to(過去形)  will have to(未来形)


ポイント

have to の否定形の don`t have to は「~する必要はない」と必要・義務を表す。 禁止を表す must not (~してはいけない)との違いに気をつけよう。


should

□ should (~すべきだ)

You should study English. (あなたは英語勉強するべきだ。)

shouldの用法

shouldは「~すべきだ」(義務・当然)の意味。

英作文  文型  会話と問答  現在・過去・進行形  未来形



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 未来形 [高校入試英語]




スポンサードリンク








未来形


未来の表し方

(1) 単純未来(~だろう)

I will be busy tomorrow . (私は明日は忙しいだろう。)

(2) 意志未来(~するつもりだ)

I will go there . (私はそこに行くつもりだ。)

(3) 未来の否定文・疑問文

Will you be busy tomorrow? No, I won`t . (あなたは、明日忙しいですか。 いいえ、忙しくないでしょう。)


未来の表し方はこのように  will動詞の原形単純未来「~だろう」 意志未来「~するつもりだ」「~しよう」
となる。

否定文は「wii not動詞の原形」、疑問文はwill を主語の前に出す。


be going to


(1) am (are , is) going to

I am going to go to the school . (私は学校に行くつもりだ。) {意志}

She is going to get off the bus .(彼女はバスを降りようとしている。) {近い未来}

(2) be going to の否定文・疑問文

Are you going to have a test tomorrow ? No, we are not . (あなたたちは明日テストがありますか。  いいえ、ないでしょう。)

be going to の意味と使い方

(a) 「am (are is) going to+動詞の原形」は「~するだろう」 「~するつもりだ」 「~しようとしている」の意味

(b) 否定文は「am(are is) not going to ~」、 疑問文は「Am(Are Is)+主語+going to ~?

ポイント 書き換え問題に注意しよう!!

「will not + 動詞の原形」⇔「be going to + 動詞の原形」

「Will +主語+動詞の原形~?」⇔「Be動詞+主語+going to ~?」


Will you ~ ? ; Shall we ~ ?

(1) Will you ~?

Will you open the door ? (ドアを開けてくれませんか。) {依頼}

Will you come with us ? (私たちと一緒に来ませんか。) {誘い}

(2) Shall I(we) ~?

Shall I help you ? Yes, please. (手伝いましょうか。 はい、お願いします。) {相手の意向}

Shall we eat dinner ? Yes, let`s. (夕食を食べましょうか。はい、食べましょう。) {さそい}


上記の疑問文は注意すべき未来の疑問文であり重要です。

(a) Will you ~ ?

「~してくれませんか」{依頼} (答) Yes, I will . / All right. / No, I won`t .

「~しませんか」{さそい} (答) Yes, thank you . / No, thank you .

(b) Shall I ~ ?

「~しましょうか」{相手の意向} (答) Yes, please . / No , thank you .

(c) Shall we ~?

「~しましょうか」{さそい} (答) Yes, let`s . / No, let`s not .

英作文  文型  会話と問答  現在・過去・進行形



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 現在・過去・進行形 [高校入試英語]




スポンサードリンク








現在の文

(1) 現在の状態・習慣的動作

I am busy today. (私は今日忙しい。)

She often visits Mike. (彼女はよくマイクをたずねる。)


(2) 一般的な真理

The earth goes round the sun. (地球は太陽の周りを回っている。)


現在の文は、現在の状態・習慣的動作や一般的な真理を表す。

主語が三人称単数の場合、 一般動詞は -s -es のついた形、haveはhas


過去の文


(1) 過去の状態・動作・習慣的動作。

She was a high school student. (彼女は高校生だった。)

We took a walk. (私たちは散歩をした。)

She usually did her homework after dinner. (彼女はたいてい夕食後に宿題をやった。)


過去の文は 「~でした」「~した」の意味で訳すことができ、過去の状態・動作や、過去の習慣的動作を表すには、動詞を過去形に変える。

(a) be動詞の過去形は、was were.

(b) 一般動詞の過去形はふつう動詞の原形に-d -ed をつけた形

walk→walked cry→cried stop→stopped

不規則変化の動詞に注意すること

have→had do→did say→said make→made など


過去の否定文・疑問文

(1) was were の場合

She was not sick. (彼女は病気ではなかった。)

Were you busy? (あなたは忙しかったですか。)


(2) 一般動詞の場合

She did not come. (彼女は来なかった。)

Did you see her ? Yes, I did. (あなたは彼女に会いましたか。 はい、会いました。)


過去の否定文・疑問文では、現在の文のdo(does)はdidに変わる。

(a) was were の場合 否定文はwas(were) not (~ではなかった)、疑問文は Was(Were)+主語~? (~でしたか) となる。

(b) 一般動詞の場合 否定文は did not +動詞の原形 (~しなかった)、疑問文は Did +主語+動詞の原形~? (~しましたか) となる。



現在進行形・過去進行形


(1) 現在進行形(~している)

He is running. (彼は走っている。)

(2) 過去進行形(~していた)

I was reading a book. (私は本を読んでいた。)

(3) 進行形の否定文・疑問文

Is she writing a letter ? No, she isn`t. (彼女は手紙を書いていますか。 いいえ、書いていません。)


進行形では 基本の形が be動詞+-ing

現在進行形は am(is) + -ing

過去進行形は was(were) + -ing

否定文は be動詞+not -ing (~していない、~していなかった)、疑問文は Be動詞+主語+ -ing~? (~していますか、~していましたか) となる。

英作文   文型   会話と問答



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 会話と問答 [高校入試英語]




スポンサードリンク








疑問文と答え方

(1) Yes,NOで答える場合

Were you sick yesterday? Yes, I was. (あなたは昨日病気でしたか。 はい、病気でした。)

Does he like lemons? No, he doesn`t. (彼はレモンが好きですか。 いいえ、好きではありません。)

Can you swim? Yes, I can. (あなたは、泳げますか。 はい、泳げます。)

このように、普通の疑問文であれば、Yes,Noを用いて答える。
問いの文に助動詞がなどがあれば答えにも用いる。

また、問いの文が進行形・現在完了形・受動態のときには、答えの文もそれに合わせる。


(2) Yes,Noで答えない場合

Is your dog black or white ? It`s black. (あなたの犬は黒いですか、白いですか。 黒いです。)

What do you want ? I want a ball. (あなたは何が欲しいですか。 私はボールが欲しいです。)


このように、orを含む疑問文、疑問詞で始まる疑問文の答えには Yes,Noを用いない。



疑問詞


(1) 疑問代名詞

Who can speak Japanese ? Mike can. (誰が日本語を話すことができますか。 マイクです。)

Which is higher, Mt.Fuji or Mt,Kumotori ? Mt, Fuji is. (富士山と雲取山はどちらが高いですか。 富士山です。)


(2) 疑問副詞

When do you study ? I study after dinner. (あなたはいつ勉強しますか。 私は夕食後勉強します。)

Why was he absent? Because he was sick. (なぜ、彼は休んだのですか。 彼は病気だったからです。)


How are you ? Fine, thank you. And you ? (元気ですか。元気です。 あなたはどうですか。)


How much is the pen ? It`s ten dollars. (そのペンはいくらですか。 10ドルです。)


疑問詞は 疑問代名詞who whose whom what which)と疑問副詞when where how why)がある。


(a) Who,Whatが主語の時は、疑問詞に応じる語を主語にして答える。

(b) Why~?(なぜ~か)には Because~,か To~,で理由を答える。

(c) How+形容詞・副詞~?は どれくらい~か と程度をたずねる。


ポイント

疑問詞が主語になる文は普通の文と同じである。



Who used this car ? (誰がこの車を使ったか。)

疑問文だが、do(does,did)を使わない。

文型



スポンサードリンク








確実に覚えるべき高校入試英語 文型 [高校入試英語]




スポンサードリンク








基本五文型

(1) S+V・・・主語(S)と動詞(V)だけからなる文。

  He can swim well. (彼は上手に泳げる。)

(2) S+V+C・・・「S+V」に補語(C)の加わった文。be動詞の他に、become, get, look, などがよく用いられる。

  You are a good swimmer, too .(あなたも泳ぐのが上手だ。)

(3) S+V+O・・・「S+V」に目的語(C)の加わった文。

We learn English.(私たちは英語を学ぶ。)

(4) S+V+O+O・・・「S+V」に目的語が2つ続く文。2つの目的語はふつう「~に(人)・・・を(事物)」の順になる。

  My father gave me this book.(父が私にこの本をくれた。)


(5) S+V+O+C・・・「S+V」に目的語と補語の続く文、call, の他に、name, elect, make などの動詞を用いる。

  You call the cat Tama. (あなたたちはそのネコをタマ
と呼ぶ。)


注意すべき文型


(1) There is(are)~. は「~がある。」 この場合、主語はis(are)の後のくる。

  There are five balls under the desk. (机の下に五つボールがある。)

(2) Let`s ~は「~しよう。」 let`s(=let us) は動詞の原形の前におく。

  Let`s play baseball. (野球をしよう。)

(3) S+V+O+O⇔S+V+O+to(for)~

(a) 動詞が give, send などのときは toを用いる。
     
S+give+O+O⇔S+give+O+to~

(b) 動詞が buy, make などのときは forを用いる。

     S+buy+O+O⇔S+buy+O+for~



スポンサードリンク








都立入試問題英作文必勝法!! [高校入試英語]




スポンサードリンク








年も明けて受験生たちは何とも落ち着かない時期になってきましたね。
今は過去問を解いたり、傾向と対策を練って必死に勉強していることでしょう。

今回は都立の英語、三行英作文の必勝法について書いていきます。


まず、英作文は一文が4点で、合計12点の配点になっていて、
ここで、しっかり英作文が書けるのとかけないのでは大きく
合否に影響していきます。

とりあえず、三行書いてしまえばあとは減点法なので
何点かは得られます。
ですが、どうせやるなら満点の12点が欲しいわけです。

そこで、英作が苦手だと思っている君たち必ず書けるようになる
必勝法を伝授しようと思います。

まず具体例を挙げて説明をしていきたいと思います。

都立の入試問題での英作文はまず、短い文章(これでも長いと感じる子もいますが)を
読解させその内容に関連した英作文をするように求められます。

例えば、S君が学校で英語のスピーチをすることになりました、この文章を読んで、後の問いに
答えなさい といった内容が多いです。

それでは、解き方を説明しましょう!!

① 短い文章は読まずに問題を読みます。
先ほど書きましたが、文章に関連する内容を英作しなさいと要求されますので、
   問題文を先に読むことで、文章に何が書かれているか把握します。

② 今回は夢について書き、なぜそう思うのかを書きなさいという設問とします。
   では、ここで皆さんはこう考えるでしょう。
   「私の夢は~になって、~することです。」 「どうしてかと言うと~することは、~だからです。」
   「そしてそれは~だと思うからです。」
  
はい、どうでしょうこんな感じで文が長くなったり、自分では知らない単語
  を使わなければいけなさそうですよね。

③ 次は自分で考えた日本語の文を簡単にしていくわけですね。
  
「私の夢は英語の教師になることです。」ここまでで、一文としてしまいます。
   そうすると
   「My dream is to be an English teacher.」とまず一文できあがりです。

   ですが、ここで「to be」とかわからないと言う諸君!!!
   ここが大事なとこなのですよ!
   わからなければ、文章のなかから「My dream ~」と書かれているとこを見つける!!
 そして、そこの文章を真似しましょう!!

  次の日本語はどうするか、最初に「英語の教師になること」と書いたので
   なぜ、教師になりたいかを考える!!
   「英語を教えるのが好きだから」ではどうでしょうか?
   英作文書けますか?
   まず、かたっくるしいこなれていない日本語で考えます。
   「私は英語を教えるということが好きだからです。」となります。

一つずつ英語にしましょう。 
  「私は好きです」→「I like」 「教えること」→「teaching or to teach 」 「英語を」→「English」
こんな感じになるはずです。 で、これを組み立てます。

  「I like to teach(teaching) English.」 はいできあがりましたね、これに文の最初に「なぜならば」の
「because」をつけましょう。
  
「Because I like to teach English.」→「なぜならば、私は英語を教えるのが好きだからです。」となりOK

④ 最後に締めのの文章はこれで決めます
   「It makes me happy.」→「これは私を幸せにしてくれます。」ここでのこれは
   「英語を教えること」になります。

   三文並べましょう。
  「My dream is to be an English teacher.」→「私の夢は英語の教師になることです。」

「Because I like to teach English.」→「なぜならば、私は英語を教えるのが好きだからです。」

「It makes me happy.」→「これは私を幸せにしてくれます。」

どうでしょうか、このようのに自分が使える単語や文法事項を活用するために
簡単な日本語で考えること、考え付かなければ、本文の文章を真似る、
そして最後はこの文章を書いてしまえば点を得ることができます。

都立の英語の入試問題、英作文はこのように攻略していけばいいわけです!!

みなさん体調管理には十分気をつけて勉強がんばってください!。



スポンサードリンク







続きはこちらから


高校入試英語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。